おしらせ

ホーム > おしらせ > 2016年4月

2016.04.22 : サーチャージ到達!!

津軽ダムでは2月13日に試験湛水を開始し、ついに4月18日サーチャージ水位に
到達しました。

非常用洪水吐からの放流は非常に美しい情景を西目屋村に出現させ、
放流を目当てに、近くは青森県内、遠くはなんと関東方面からも多数の
見学者が訪れています。

DJI_0010 (2).JPG

DJI_0038 (2).JPG

DJI_0058 (2).JPG

P1070347.JPG

          展望台は見学者であふれかえりました。
          こんなに人が来るとはびっくりです。

P1070270.JPG
          放流状況(初期)①(水流がうろこのようで美しい)

P1070304.JPG
                放流状況(初期)②

P1070248.JPG
                放流状況(初期)③

P4200022.JPG
       コンジットゲート(真中の緑色)から放流開始これから水位を下げます。

P1070378.JPG

IMGP5146.JPG

P1070447.JPG
水位が下がりだいぶ非常用洪水吐からの放流が少なくなってきました。
今後この光景はほぼ見られなくなりますが、コンジットゲートからの放流は
迫力満点です。(下流で作業している人はびしょ濡れになってしまいますが・・・)

非常用洪水吐からの放流は終わりましたが、5月下旬頃まで
コンジットゲートもしくはその両サイドにある常用洪水吐からの放流が
楽しめます。

2016.04.16 : もうすぐサーチャージ水位

津軽ダムはもうすぐサーチャージ水位を迎えます。
サーチャージ水位とは、洪水時にダムによって一時的に貯留する
こととした流水の最高水位のことをいいます。
地元 ブナの里白神公社ではニシメヤダムツーリズム2016と銘打って、
100年に一度しか見ることができない貯水池の光景と白神山地を組み合わせた
ツアーが行われています。
運がよければ、非常用洪水吐から放流される様子も見ることができるかもしれません。

IMGP4769.JPG
津軽白神湖(旧美山湖の貯水容量の3.6倍)
IMGP4788.JPG
見学に訪れてくれた方々(取水設備上屋の回廊から貯水池を見ている様子)
IMGP4791.JPG
非常用洪水吐までもう少し!!風が吹くと予想外に早く越流があるかも
IMGP4669.JPG
津軽白神湖は旧美山湖の湛水面積の2.5倍です
彼方写真の奥に津軽ダムが小さく見えます
IMGP4722.JPG
津軽ダムは世界自然遺産である白神山地に抱かれている
ことを忘れてはなりません、カタクリの群生地も随所にあります

▲このページの上へ

Copyright (c) 2009 TUGARU DAM. All rights reserved.